昔、債務整理をしたことのある男性が、2つのクレジットカードを作った話

あなたは、何故クレジットカードを作ろうと思ったのですか?

なぜクレジットカードが欲しかったかと言うと、小遣いなどの現金が心細かったので、何かものを買う場合に利用したいと思ったからです。
しかし、昔行った、債務整理の事もあり、持つ勇気がありませんでした。
そんな時数年前、人生初の手術と入院を経験し、少しでもお金が欲しいと思い、労金で融資申請をしました。
審査で心配していたのですが、すんなりと通り、30万の融資を受ける事が出来たので、もしかしたら、クレジットも通るかもしれないと思い、作る事にしたのです。

1つ目の楽天カードを作った時の事を教えてください

最近はパソコンで入力すれば、あとは自動的に審査結果がメールで届くという便利な時代になり、私はネットで楽天カードの申請をしました。
結果は「ショッピング枠10万円、キャッシング枠0」というものでした。
少しでもキャッシング機能があれば最高だと思って申し込みをしたのですが、キャッシングは通りませんでした。
しかし、カードを作る自体、おそらく審査で引っかかるだろうと心配していたので、この結果で満足です。

奥様の楽天カードも作られたとの事ですが、作れましたか?

はい作れました。
妻の分と合わせて家族カードにしました。
妻はその後、海外旅行でこのカードを有効に使ったようです。
まず旅行保険を出発前にかけ、旅先で知り合った人達と一緒にレストランに行って、食事代をカードで清算したそうです。
カードがあったおかげで、妻の海外旅行は有意義なものになったようです。

2枚目、三井住友VISAカードを作ったのは何故ですか?

楽天カードはJCBだったので、将来的にVISAが欲しいと妻が言い出したからです。
そこでクレカのサイトでオススメされていた三井住友VISAカードに挑戦しました。
楽天カードと同様、妻の分と合わせて家族カードをネットで申し込みをし、審査結果を待ちました。
今回の結果は「ショッピング枠70万円、キャッシング枠10万円」というものでした。
予想外の結果に大喜びです。

その後、楽天カードと三井住友VISAカードをどのように利用していますか?

その後は楽天カードでは新聞料金、固定電話料金、携帯電話料金などの引き落としに利用し、三井住友VISAカードは外でのショッピング、あるいはインターネットでのショッピングに利用するというように、役割分担を決めています。
もちろん、ショッピングすれば、支払いが先送りになるというメリットと合わせて、金利が付くというディメリットもあります。
しかし高額な買い物をせず、毎月少しずつ使えば、リボ払いでの支払いですので苦痛ではありません。